読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛇足

洋画・海外ドラマが大好き!

インフェルノ

洋画

f:id:a-nukui0331:20161028205823j:plain

本日公開のインフェルノをさっそく観てきました。原作ある映画は、なるべく原作を読んでから観るようにしています。ファンには申し訳ないのですが、個人的にこのシリーズはそこまで好きってわけじゃないです。どうにも宗教色に関わる話しが苦手で…でも美術が好きなので毎回観てるんですよね。でも今回はファンの方も満足いく映画ではなかったと思うのですよ。なんてったってオチが違うんだから。ところで女性の方どこかで見覚えがあるなと思ったらローグ・ワンの女性ですね。映画の感想は畳んでおきます。

 数々の謎を解き明かしてきた宗教象徴学者ロバート・ラングドン教授(トム・ハンクス)が、人類滅亡の恐ろしい計画を企てている生化学者ゾブリストが詩人ダンテの叙事詩神曲」<地獄篇インフェルノ>に隠した暗号の謎に挑む…この映画って謎解きが良いところなのですが、今回その謎解きがいまいちで、それが映画の良さにそのまま反映してしまった感があります。さらに悪役がしょっぱなに死んでしまうので、誰と戦ってるのかふわふわしたまま終わった…。このままでは人類は100年後に滅びてしまうという危機からゾブリストがバイオテロをしようと行動に起こすところまでは原作通りなんですが、その後彼女の裏切り(原作では最終的に裏切ってなかった)やらウイルス拡散が間に合ったり(原作では間に合わず拡散した)やらであれ…原作と違くね?これ今後のシリーズに影響でない?大丈夫??と勝手に心配してました。不妊になるっていうバイオテロの説明もなかった。原作読んでない人からすれば、これどんなウイルスなん??ってなる。うん、むしろ原作読まない方がよかったかもしれませんな。まぁある意味ハッピーエンド?なので映画的には有りかもしれません。でもせっかくのイタリアなのに、ダンテもイタリアもちょっとしか出てなくて本当に残念です…。次回に期待します!