読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蛇足

洋画・海外ドラマが大好き!

デスノート Light up the NEW world

f:id:a-nukui0331:20161029233522j:plain

10年経てばポテチの中身もガラケーからスマホに変わるってもんだ。…そんなデスノートを観てきました。正直、月もLも居ないのに、どうやって盛り上がるんだと思っていたのですが、そこで登場するのか!と。違和感なく藤原達也と松山ケンイチを起用しているのは凄いなと思いました。映画の感想は畳んでおきます。関係ないですけど菅田くんは私の中で仮面ライダーWのイメージが強すぎてフィリップにしか見えなかった…ごめんね。

 キラとLの戦いから10年経ったある日、世界中のネット回線がジャックされ、❝キラ❞によるメッセージが発信された「デスノート」を手に入れろ―、という夜神月の顔出しで始まった冒頭、「あれ…これで藤原達也の出番終了なんだろうか」と心配したんですが、その後ちょいちょい顔出ししてきます。渋谷で行われた無差別殺人者(元AKB川栄)についてた死神により、世界に6冊のノートが存在することが判明します。この死神ベポって言うんですけど、この時しか出番なくて松坂桃李の出番もこれだけです。一瞬でしたな。伏線でもあるのか?と思ったけど何もなかったわ。6冊ノートあるから6匹くらい死神も居るんかと思ったけど結局3人しか出てこない。確かに出しすぎるとごちゃごちゃになるから出さなくても良いと思うんだけど、出てこない理由をフォローしてくれても良かったんじゃなかろうか。そしてキラの崇拝者である紫苑はキラの動画をリュークからもらい、本当にキラが生きていると思い、キラを崇拝して行動している、ある意味純粋な子です。紫苑ストーリーがあると良いな…と思ったらあったわHuluでオリジナルストーリーを配信してるみたいですね。竜崎が飲んでる薬も気になったけど、その辺りも分かるんだろうか。…気が向いたら登録してみようかな。弥海砂役の戸田恵梨香も10年経てばアラサー…ウッ頭が……素敵な女優さんになりましたね。最後は夜神月の腕の中で死ぬ…とデスノートに書き、一人で死ぬ所は切なかったです…10年経っても好きなんだなぁって。そんなお前の男はサイテーな男やで、と言いたかったけど。そんなこんなで主人公?一応ポスターの真ん中に居る東出演じる三島が黒幕キラだったんですが、デスノートの所有権を放棄して記憶がなかったというオチ。うん、これどっかで見たことある。しかも紫苑が竜崎の名前を書いても竜崎が死ななかったのは既に誰かにデスノートに名前を書かれた(三島が死神の目でノートに名前を書いていた)から。うん、これも見たことある。正直ここまで予想通りすぎてこっちがびっくりだったんですが、最後は政府に逮捕されて獄中暮らしの三島の所に竜崎がやってきます。もうすぐ自分の死ぬ時間だから死ぬ前にLを引き継げ、と。えええええぇ、あんたキラやったやん?なんでLになるねや。思わずツッコミ満載でしたが、素直に引き継ぎます。いや、これは素直に見せかけてどんでん返しが来るのか?来ちゃうのか?と思ったんですが、そのまま終わった。

最後、エンドクレジット後にもおまけがありますのですぐ帰らないでください。全体的には続編でプレッシャーも大きかったと思うんですが、うまく従来のファンも納得いくような作品に仕上がってると思います。だけどね、松田さんをログアウトしたのは許せねぇ。たぶん前作の登場人物が全員ログアウトすることで、新しいデスノートを作っていきたかったという意味だと思うんですが、納得はできなかった。松田さんはデスノートの癒し的存在だったのになぁ。。