蛇足

洋画・海外ドラマが大好き!

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

f:id:a-nukui0331:20161123223958j:plain

ようやっと日本公開ですよ~。いやもうエディ・レッドメインの演技がうますぎて、なんであんたこれに出演しとるん?って思ったぐらいに。どうしてもハリポタの若々しい演技が印象的だったので…ちょっともったいないと思ったほどです。でも今回はコリン・ファレルも採用されてて、さすが舞台がアメリカだと出演者のスケールもでかいなと思ったのでした。

 ハリポタシリーズを観ていなくても大丈夫ですが、呪文とかは普通に知ってるのが出てくるのでシリーズを読んでいた方が楽しめるのも確かです。ニュート・スキャマンダーと言えばこの本ですよね。実は中学生の頃買ってました。よもやこの本の著者の映画が作られるとは当時思ってなかったです。ハリー、ロン、ハーマイオニーの落書きが印象的で正直魔法動物のことは覚えていないという(笑)


今回、珍しく吹替で観たんですよね。いや、主人公が宮野さんだって言うから(笑)でもちょっと違和感あったかな。でもね、今回は吹替で正解ですよ!所謂、芸能人が起用される豪華声優陣ではなく、本当の豪華声優陣です(笑)コリン・ファレルは津田さんだし、思わずニヤリとしてしまいました。腐女子ですみません。だが驚きはこれだけじゃなかった。所謂魔法動物がニュートの鞄から抜け出して、うっかりマグル(アメリカではノー・マジという)のジェイコブの鞄と入れ替わったことから話しは始まります。始終動物たちの戯れがありつつ、実はアメリカは魔法抑制の法律で魔法族は肩身の狭い思いをしながら生活しているという背景もありました。時代が1926年ということなので、ちょうど世界恐慌前の一番経済が発展してる時かな?このあたりも魔法界が関わってくるのかもしれませんね。最終的に黒幕はコリン・ファレル演じるパーシバル・グレイブス…このアメリカの魔法族の有り方に疑問を持ち反旗を翻したようです。なるほど、反乱軍的な感じか、ふむふむ…と ここまでの私は「これでエンディングやな」と思っていた。そんなわけなかった。あれ、ニュートの魔法解除で姿が変わった…?何やら魔法(ポリジュース薬かな?)でパーシバルに成りすましていた誰かの模様。あれ…なんかこれ知ってる顔なんだけど。え、てゆか超知ってる顔なんだけど。え?…え?

ジョニー・デップやんかぁぁぁぁぁぁ!!!!( ゚Д゚)

えええ、あんたハリポタ出演するんかい!てゆーか

あんたがグリンデルバルドかよ!!!!てゆかこれじゃ津田さんの声に違和感あるやん!!って思ったら声が平田さんになってるうううううぅぅ!!!そうだよね、ジョニー・デップの声は平田さんだよね!!最後の最後で本当にびっくりした。ジョニー・デップが出演するというネタを仕入れてなかったのが良かったですね。今回、事前情報は一切調べずに行ったので。ハリポタでも少しだけ若い頃のグリンデルバルド出てきましたけど、そうか大人になるとジョニー・デップになるのか(笑)今回はダンブルドアが出てこなかったので、次回作、ダンブルドアを誰が演じるのか凄く楽しみになりました。

映画自体は最初の1作目ということで、すっきり終われて、観ててとても楽しかったです。やはり映画は楽しく観たいですね!( *´艸`)久しぶりにハリポタ読もうかな~。