蛇足

洋画・海外ドラマが大好き!

ワイルド・スピード ICE BREAK

f:id:a-nukui0331:20170510191021j:plain

ついにシリーズ8作目。1作目のただの地元のヤンキー風情がお気に入りの車ころがしてるだけの1作目が遠い昔のようです。なぜこうなった。いつの間にか世界が相手だよ…。そして、前作撮影中に亡くなったポール・ウォーカー演じるブライアン、その辺りもどのように映されるのか、気になっていました。

f:id:a-nukui0331:20170510191612j:plain

今回の悪役はシャーリーズ・セロンですね。美しい…40歳やで…?信じられんわ。まぁこの方が主人公ドミニクを脅してファミリーを崩壊させるという…ドウェイン・ジョンソン役のホブスがいつからファミリーになったのか、なんでハンを殺したジェイソン・ステイサムことデッカードが仲間になるのか、とかとか。観てる人が皆そう思うよ。でもね、このシリーズはね「ありえないことしか起こらない映画」だと思って観れば問題ない。映画館でそのありえないことに爆笑していたのは私です。ツッコミ入れながら映画を観たい派の私でもツッコミが追い付かない。これはアメリカだったら劇場内は笑いしかなかったと思うよ。日本人はもうちょっと映画館で笑えばよいと思うの。

f:id:a-nukui0331:20170510193200j:plain

話しはそれまくりますが、こんなにマッチョ率とハゲ率の高い映画を私は知らない。すなわち、私の大好きな映画です。ええ本当にありがとうございます。

あえて言うなら、チンピラの集まりにジェイソン・ステイサムが居るだけで違和感を感じる。普段、プロ中のプロの殺し屋をしている(笑)のでオーラ感はんぱない。正直前作で敵だった時「これ絶対勝てないやつや」と思いながら映画観てた…ガチンコ勝負大好きだよ(*´ω`)

そしてブライアンは生きてるという話しで進みますが、正直言えばドミニクがこんな状況なのにブライアンが出てこないわけないだろと思いますが、もう会えない…それがこんなにもつらいとは。映画自体はコメディ(違)なのにつらい。ちょいちょい「ブライアンの技だ」とか「オコナーなら」とかファミリーがブライアンのことを言うシーンもうるっときました。

今回ドミニクがなんのネタで脅されていたのか、それは前カノとの間にいつの間にか子供ができてて、前カノと子供が人質にされていたからなんですねー。初見の人なら「おいおい今カノになんて説明すんだよ」ってなる所ですが、ワイスピだもの、で解決だ。結構シリーズの中じゃ前カノも重要ポジションに居たはずなのに簡単にアボンです。そして子供を助けるためにドミニクは頑張るわけです。そして大嫌いな敵デッカードに協力を要請…というか母親の方に協力を要請したんですが、今回ヘレン・ミレンデッカードの母親役です。これがあまりにも情報が少なすぎて戸惑いました。彼女はどんな立場の人間なの?イギリスじゃそれなりなボス的存在なの?そしていつの間にかデッカード弟も復活していたりと、このあたりで色々詰めすぎてる感が否めなかったけど、ワイスピだもの、で解決です(2回目)

<以下オチなので白字>↓

最後は子供の名前はブライアンだ!っていう感動的なオチだったんですが、正直これ本編でも亡くなってるような扱いでもやっとしました。いや、感動したんですけど、したんですけど…

 

「子供ができてな、お前の名前をつけたよ」

「俺の名前を?おいおい、それはまた光栄だな」

っていう会話が後日あればよいなぁ。うん、やっぱ寂しい。10作目まで制作決定しているので、この寂しさはあと2作続くんだろうなぁ…。