蛇足

洋画・海外ドラマが大好き!

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.2

リミックスなんてなかった。Vol.2だった。いやね、邦題考えてる人だって仕事ですもの、真剣に考えてるんだろうなーってことはわかってるんですよ。でもこの映画はリミックスじゃなかった。Vol.2だったの。まぁ、このやり取りは色んな所で行われているので、ここでは何も言いません。邦題って大変だなぁ(笑)ぐらいの感覚です。

f:id:a-nukui0331:20170518184744j:plain

 隣りの外国人がずっと声出して笑ってたので、つられて声出して笑ってました。すごいほっこりした。それぐらい笑えたし、思わず号泣した。マーベルユニバースのクロスオーバー映画になりますが、ぶっちゃけ他の映画とは一味も二味も違うのがこのガーディアンズ・オブ・ギャラクシーです。

まずいつものお約束かのように登場する他作品のマーベルキャラが出てきません。なんてたって舞台が地球ではなく宇宙になりますからね。頑張ってハルクとソー…ぐらいしか出れない。でもこの二人は次回のソー映画で活躍するため今回は何一つ出てきません。その変わりピーターの父親である古代人(カート・ラッセル)が出てきます。というかカート・ラッセル…最近になって色々映画に出てきますね。チャーミングで渋めの親父がハリウッドに求められているのだろうか…個人的にはソルジャーのカート・ラッセル超好みですはい。
この映画の魅力の一つはマーベルキャラが出てこないので、今までのマーベル作品を観なくてもなんとか話しについていけるということです。だがしかし、マーベル作品を観てからの方がこの映画の魅力が存分に発揮される、中毒のような映画でもあります。完全にコメディ路線映画なのでもし他のマーベルキャラとの絡みが出てきたらどんな感じになるのか…X-MENの映画にデッドプールが出てくるぐらいの違和感ですわ。

ヨンドゥが最の高だった。本当に。親子の絆物に凄く弱いんですよね。さっきまで大笑いしてた日本人が今度は号泣かよ大丈夫かよと隣りの外国人は思っていたかもしれません。外国人は泣いてなかった。私がひたすら号泣してました。その日は一週間の疲れとか色々あって心に余裕がない時にこのくだらない最高な映画を観れたことによる安心感というか愛しさと切なさと心強さ的な思いが目からブリオッシュだった。
シルベスター・スタローン出てる驚きとかは一瞬で過ぎ去り、最後はただただ、家族って血の繋がりじゃなくて一緒に過ごしてきたお互いの信頼関係で成り立っているんだなぁ、と。

 

くだらない映画はシンプルに大切なことだけを伝えてくれるクソ素晴らしい映画でした。