蛇足

洋画・海外ドラマが大好き!

2017年9月1日 / 入学式

 2017年9月1日…今日はハリーの息子、アルバス・セブルス・ポッターがホグワーツに入学する日である。そう、今までハリー・ポッターを読んでいる当時は、原作の話しは過去のできこどだった。でも最終巻の最終章だけは、未来の日付だった。19年後が今日、ロンドンのキングス・クロス駅でハリーとアルバスが話しをしているかと思うとワクワクしてくる。彼はスリザリンだそうだ。きっとスネイプ先生のように愛する人を死ぬまで大切にする心を持っているだろう。

ハリーも37歳だ。私もアラサーだと言われるわけだ。最初に賢者の石の映画を観たのは中学2年生…土曜日(半ドン)の授業を終えて、自転車で映画館に急いだ記憶がある。思えばそこが私の映画好きの原点になったのかもしれない。アラン・リックマンの演技の素晴らしさを見て、それまで俳優という物をあまり認識せずに映画を観ていたけど、ハリー・ポッターに出てくる教師陣はどれも演技が最高にうまかった。また、原作読んだ時は苦手だったスネイプ先生が大好きになるくらいアラン・リックマンの演技に夢中になった。私にとってアラン・リックマンはその日から私の一番になった。ハリー・ポッターが好きだからロンドンにも行ったし、キングス・クロス駅にも行った。そして今もハリー・ポッターが好きだ。ファンタスティックビーストもまだまだ続きそうだし、あの世界をもう少しだけ長く、大切に楽しみたい。

 

アルバス・セブルス・ポッターのホグワーツ生活が実りあらんことを…